「素股じゃなくて…入っちゃう…」

「素股じゃなくて…入っちゃう…」
作品紹介

「素股じゃなくて入っちゃう…」僕の上に跨がり、デリヘルのお姉さんは、そう静かに且つ恥ずかしそうに言った。入らないように添えていた手をスッと外し、明らかに変わった腰付き…。と、次の瞬間、ローションでヌルヌルになった僕のチンポは明らかにネクストステージに上がった感触に包まれた。すべてが終わった後、彼女は「素股で感じるのは、男だけじゃないんだよ…」と、マンコから垂れ落ちる僕の精子をティッシュで拭きながら言った。僕は童貞だったからよくわからなかったけれど、「そうなんだね…」と、テレビのスイッチを入れながらそっけなく言った。「デリヘルなんて辞めて、オレと付き合っちゃえば?」とか言いたかったけれど、思っただけで言わなかった。(ステイゴールド)