すみません…ワタシ、Mなんです。

すみません…ワタシ、Mなんです。
作品紹介

すみません…。わたしMなんです。という彼女を室内に連れ込み、大きなオッパイをまずは味わいます。お尻に手を回しベッドに倒し、彼女のアソコを弄るころには半べそをかいて「イクーーー」パンツを脱がし大股を開き、おじさんフィンガーでまたも「イクーーー」この頃には、クチャクチャと粘りっこい音になっていてシャーとお漏らしです。Mというのは本当なのでしょう。自ら腰を振るよりは、おじさんにガンガン突かれているときのほうが良い顔をしていました。