永野いち夏 夢みるカノジョの想い出

永野いち夏 夢みるカノジョの想い出
作品紹介

「私、AV女優になる。」いち夏とは、バイト仲間で、友達だった。目を輝かせる彼女に僕は何も言えなかった。テスト撮影から帰ってきた彼女は言った。「デビューしたら、彼氏は作れないと思う。セフレになってよ。セックスしたい。」それから、僕と彼女は、ハメまくる日々を過ごした。彼女のデビューの日が近づいていた。