怪盗ブリリアントキャット

怪盗ブリリアントキャット
作品紹介

この小さな島国のプリンセスはその身分を隠し、猫宮飛鳥(ねこみやあすか)と名乗りこの世の不正を暴きだすために出版社の記者をしていた。夜は怪盗ブリリアントキャットとなり悪党達が隠し持つ金品を盗み貧しい人達に恵むのだった。だが、今回のターゲットは猫宮飛鳥/怪盗ブリリアントキャットの想像を遥かに超えるくらいの強敵だった。彼女はトラップに捕まり、拷問をうけ陥落されてしまう。その方法は、電気ショックでデリケートな股間を壊し、薬物で女を狂わせ廃人になるまでSEXで昇天させることだった。人物解析コンピューターでプリンセスの正体を暴かれた怪盗ブリリアントキャットはさらに陥落され潮を吹きまくりヒクヒクしながら精神が崩壊して昇天死する。[BAD END]