41歳専業主婦が「お金が欲しかった」と、理由は不倫?

41歳専業主婦が「お金が欲しかった」と、理由は不倫?

41歳専業主婦が「お金が欲しかった」と、理由は不倫?
作品紹介

睦美・41歳。身長158cm・体重49kg・血液型O型・B83(C)・W60・H83。待ち合わせに現れたのは中○美紀似の綺麗な奥さんだ、お母さんが学校に行く時に着る様なスーツ姿。恐らく今は着なくなっただろうスーツに訳有りなんだろうと思う。今回の撮影はさんざん悩んだ末に覚悟を決めたと言っている。結婚生活は20年、子供は2人でもう手が掛かる事もないので、今は専業主婦で、たまにパートに出るとの事。そのパート先での飲み会の席には、いざという時の為に勝負下着は着けて行くと言う。何か変だ?奥さんはすでに勝負下着を使ったのではないだろうか。その奥さんの初体験は19歳、同い年の彼とホテルで「とにかく痛いだけだった」思い出。その後4人目の相手が現在の旦那さん。2人の子供は授かったが性生活には全く満たされておらず、とうとうSEXレスになり既に5年程。アラフォーの女盛り、一度だけ浮気をしたとの事だが続く事無くそれっきり。たまにパートに出掛けるだけで時間を持て余し気味だと言う奥さんは満たされず不満がつのり、自立を考えるほどの危機的状況だと言う。今回の撮影の目的は「お金が欲しかった」「ただそれだけ」が理由。「セフレは?」の問いに言葉を濁す。すでに良い仲の相手がいる。その為のお金ではないかと思える。ガテン系20代男子を前にして、借りてきたネコのようにおどおどしてる。初体験のカメラも気になる様なので、出来るだけ二人きりの雰囲気に。その後、部屋に入った奥さんを立ったままキスで緊張をほぐそうとするが、緊張なのか嫌なのか腰が引けて身体が逃げる。舌を入れようとしても拒んでいる様になってしまう。お金の為と耐えている感じで実にリアルだ。ようやくベットに流れ込むも、喘ぎ声が出てこないが、言われるがままで四つん這いになる。ローター責め、感じているはずなのだが??それではとマングリ返しで恥しめると、苦悶の表情で耐えている奥さん。不慣れなフェラに男も苦笑い。スキン装着で大股開きにさせて奥まで挿入。反応を隠そうとする奥さんに次はバックから挿入。すると両手の平を見せ、許してとでも言っている様な変な反応。構わずに今度は立バックでパンパンパンパン突きまくる。なすがままだ。ようやく奥さんも若い男に抱かれているのを確認するかのように、目をとじたまま男の身体を手探りで触れていく。おっぱいを揉みほぐし、腰の動きが早まると最後に奥さんもアッアッと声が漏れる。やや小ぶりながらも形の良いオッパイを激しく震わせ、男の動きに身をまかせる濃い目のヘアーの裂け目から、一気に引き抜かれた男のチンコから白い胸元にくらえとばかりにビュッビュッと熱いものがほとばしった。お腹の精子を拭き取る時にふと、その表情からはほんの少しの達成感と大きな後悔が垣間見えたような気がした。イクぅの声が聞けなかったので何とかイカしてやろうと目隠し性感チェック身体に触れてみるが、恥しさからなのか全く声がでない。やはり好きな男がいて感じる事を我慢しているとしか思えない。必至に押さえ込んでしまいイキそうになると身体をよじって逃げてしまう始末。(しょうがない)最終兵器電マをhightにして股間を直撃だ。身体を捩って喘ぐ、眉間にシワをよせて大きな喘ぎで絶頂を迎えた様だ。そして彼女の瞳は濡れていた、この涙は何を意味するのだろう。後悔なのか、やっと終わった事なのか。シャワーを浴びる姿も何故か落ち込んでいる様に見える。(28th HOUNAI)