婿に抱かれた義母 安立ゆうこ

婿に抱かれた義母 安立ゆうこ
作品紹介

安立家の一人娘と結婚しマスオさん状態の婿。よく言えばマイペース悪く言えば強調性のない婿に義母ゆうこは常々腹立たしく思っていた。今日もみんなで食事後の団欒を楽しんでいるのに一人携帯ゲームをしている婿に雷を落としてしまった。夫の一言で言いすぎたと反省したゆうこは明日婿に謝ろうと思っていた。そんな矢先、夫が友達の誘いで飲みに出掛けてしまった。ゆうこは仕方なく一人寝床についた。寝ていると何やらモゾモゾとした気配。夫が帰ってきたのかと思っていたが様子がおかしい。目を開けてみると、なんと婿が血走った目でゆうこに抱きつき乳首を吸っていた。驚き飛び起きたゆうこはやめなさいというが、婿は止めず、愛撫は激しさを増した。抵抗するゆうこだが婿の力には勝てず、夫とも最近ご無沙汰だった事もあり下半身は驚くほど濡れてしまっていた。すると婿は熱く硬くなったモノを見せつけるかの様にゆうこの中へと押し込んできた。その刹那ゆうこは気をやってしまった。婿のモノはゆうこの中を抉るように掻き回すように動き、ゆうこは抵抗できないほどの快感に包まれてしまう。婿のピストンは激しさを増し、引き抜かれた瞬間ゆうこの尻に熱い液体が掛かっていた。ゆうこは夫では味わった事のない力強い行為の快感にしばらく浸ってしまっていた。次の日の夜。ゆうこがリビングに向かうと婿が落ち込んだ顔で座っていた。婿はゆうこに昨日はごめんなさいと言った。ゆうこも言いすぎたと言い謝り、婿を優しく抱きしめた。いけない事だとわかっているけどとゆうこは呟き、婿へキスをした。もう一度だけ、今日だけと言うと、再び婿へ唇を重ねていった…。