娘の部屋を覗くとき 父の悪戯、疼きだした思○期の子宮

娘の部屋を覗くとき 父の悪戯、疼きだした思○期の子宮

娘の部屋を覗くとき 父の悪戯、疼きだした思○期の子宮
作品紹介

娘は反抗期で、日ごろから無視されてばかり。ある日部屋に呼びに行くと、おまたを擦り付けて気持ちよくなる姿が…!そこで悪戯に玩具を部屋に置き様子を見ると、気持ちよくヨガる姿がそこにはあった。耐え切れず父は娘を犯してしまい、娘は父の肉棒に溺れていく…「お父さんはキライ、でもチンチンは好き…」